一重がコンプレックスな人の為のメイクや二重美容液の使い方

menu

一重から二重になる方法

目が小さい人の特徴、大きい人の特徴!改善方法は?

目が小さい人の特徴 大きい人の特徴 改善方法

あなたは

『自分の目ってなんでこんなに小さいの?』

そんなことを考えたことはありませんか?

実は目の大きさには定義があります!

自分の目が小さいよりか大きい方がやっぱりいいですよね。

 

そこで今回は目の大きい、小さいの定義やみなさんどんなことを思っているのか、目を大きくする方法についてお伝えしていきます。

自分の目の大きさが気になっていたり、目を大きくしたいという方は参考にしてみて下さい。

 

目の大きさについてみんなどう思っているの?

目が小さい人の特徴 大きい人の特徴 改善方法

目が大きすぎてもって思うけど、石原さとみのバランスが完璧すぎてやばい!

テレビでみたんですが、黒目の大きさってみんな変わらないらしいです!目の周りの大きさでかなり見え方が変わっているんですね。

本当に目が小さくていやです!なんとかして目が大きくなりたい!

 

SNSなどを見るとかなり様々な意見がありました。

豆知識を披露している方ややっぱり大きい方がいい!といた声以外にも芸能人のパーツについて話している方も多くいました。

 

やっぱり自分が目指すような可愛い理想の目になりたいと思っている方が多いみたいです。そのためには自分の目の多いさを知ることが重要になります。

続いては目が小さい人の特徴、目が大き人の特徴についてお伝えしていきます。

 

目の大きさと印象

目が小さい人の特徴

自分の目のサイズを測ってみたことはありますか?

 

もしかしたら目の小ささで悩んでいる人は、目のサイズを測ったことがある人もいるかもしれません。

目が小さい人のサイズは、

  • 縦幅が0.7cm
  • 横幅は2.5cm

が小さいという印象になる目安のようです。

特に、目の印象の場合は横幅より縦幅の方が大きく影響します。

 

また目が小さくなるのにはまぶたを持ち上げる筋肉の力が関係していると考えられています。

まぶたが分厚い人はまぶたを持ち上げにくいのはもちろん、まぶたの厚みがあまり変わらないにも関わらず、目の印象が違うのはここの筋肉が弱いとも言えます。

 

目が大きい人の特徴

実は一般的に目が大きいといわれるサイズの目の大きさは、

  • 縦幅1.5cm
  • 横幅3.3cm

が平均です。

 

普通サイズの目の大きさは

  • 縦幅が1.1cm
  • 横幅は2.9cm

が平均とされていますので、だいたい0.2cmくらいで目の印象が変わるようです。

 

目が大きく見えるのには白目と黒目の比率も重要

目が小さい人の特徴 大きい人の特徴 改善方法

目を大きく見せたいと思ったら以外に重要なのは白目と黒目の比率です。

カラコンをしたことがある方なら、ご存知かもしれませんが、理想的な割合は

  • 白目:黒目:白目=1:2:1

となっています。

ただ日本人の割合は1:1.5:1が一般的とされているため、目が小さい印象になってしまうのです。

 

では、目を大きくしたり、見せたりする方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

続いては目を大きく見せたり、実際に大きくする方法についてもお伝えしていきます。

 

目を大きくする方法・見せる方法

目を大きく見せる方法

マッサージ

毎日酷使していると目元には疲労が溜まってしまいます。毎日使っているのにメンテナンスがないと目も疲れてしまいますよね。

目は瞬きなど運動量も多いうえに、コンタクトレンズの装用で乾きやすくなっていることもあります。

それ以外にも、

  • PC
  • スマホ
  • タブレット

などの最近では目をブルーライトに長時間晒す機会も増えていますので目元の疲れがたまりやすい状況ができてしまっています。

このような疲れ目の状態では、目元の血流が悪くなり、老廃物が溜まってまぶたのむくみ・たるみを引き起こしてしまいます。

それがまぶたが重くなり目が小さく見えてしまう原因になるのです。

目元マッサージで老廃物を流れやすくし、むくみを取るだけでも目を大きく見せることができます。

 

目のむくみを解消するにはマッサージやツボが効果的です。

ツボについてはまゆげの根元や目頭にツボがあり(他にも目のツボはありますが)目の疲労回復に効果的です。

マッサージについては手を綺麗にしてお風呂上がりで血行がよくなっている状態でクリームを塗ったあとなどに、目尻を起点として目の下から一周円を描くようにマッサージましょう。

それ以外にもこちらの動画のマッサージ方法がおすすめです。

 

たけあゆさんのマッサージ方法ですが、たった3分で二重になれるというキャッチフレーズの通りかなり簡単な方法で続けやすいですし効果もあるようです。

目が大きくなりたい方は試してみて下さいね。

 

アイプチ

一重さん・奥二重さんなど、目元がスッキリしていてちょっと寂し気に見えてしまうなら、アイプチやアイテープで疑似二重にするのも目を大きくする方法の一つです。

アイプチの継続使用で自然に二重グセがついたという口コミもありますし、最近では絆創膏を使ってアイテープの代わりにするなど様々な手法が登場しており、コスパもよくて手軽な方法も増えてきていますので、試してみましょう。

 

あまり使ったことのない方もいるかもしれませんので、アイプチを使った口コミをお伝えします。

両面接着がしっかりまぶたがくっついてくれてる感じがあってシールタイプのものと安心感が全然違う。今までは途中で取れてしまうかもと心配で何度も鏡を見ていたけれどしっかりと瞼についているから安心して外にも出られるようになった。

夜つけて朝はがしてもしっかりとクセが付いているところも○!

高校時代に二重まぶたに憧れて購入しました

昔は粘着力があり愛用していましたが瞼がたるんでしまったように思います

また瞼に赤みが出たこともありました

瞼が厚い方にはオススメできますが瞼が薄い方にはオススメできません

前のパケから7年ほど愛用してます。
久しぶりにリピしたら変わってて驚きました。

こちらを買うまではコージーのアイトークでしたが、こちらは薄付きなのに粘着力が高く、崩れにくいです。メイクの仕上がりもこちらが上。

前のダルマ型より乾燥しダマになった液体が淵につきにくくなってる!
筆も細くなり細かい微調整が可能に。

素晴らしいリニューアルです。
これからも愛用します。

商品によって様々な口コミがありました。

口コミをみていると

  • アイトーク
  • 湘南美容外科アイリッドテープ

などが人気のようです。気になっている方はぜひ一度試してみて下さいね。

 

メイク

目が小さい人の特徴 大きい人の特徴 改善方法

手っ取り早く目を大きくするなら、やっぱりアイメイクは欠かせません。

明るいカラーを使ったのアイメイクなら盛りメイクやダークカラーのアイシャドウで頑張らなくても目を一回り大きく見せることができます。

メイクをしていても目が大きく見えない…という人は、目が大きく見えるアイメイクを取り入れていきましょう。

重要なポイントをお伝えしていきます。

 

アイシャドウ
  • パールベージュ
  • ゴールドブラウン

など、高発色のクリアカラーを幅広くまぶた全体に使うと目元を広く見せてくれる効果があります。

大き目のブラシで眉下からまぶたまでベージュシャドウを塗って、目のキワからアイホールまでもう1段暗めの同系色シャドウでまとめてみましょう。目の回りが明るくなって目幅が広がったように見せることができます。

 

アイライン

続いてはアイラインです。

アイシャドウだけでは少しぼんやりする場合もあります。

そのため、

  • アイライナー
  • マスカラ

で印象を少しシャープにしましょう。

ペンシルアイライナーでまつ毛の間を埋め、綿棒でぼかすとナチュラルな仕上がりになります。マスカラも1本1本をセパレートするように塗ることで、目元が軽やかに見えるので、実践してみて下さい。

 

涙袋

目の下にハイライトカラーを入れて明るくすることで、目幅が強調されます。

こうすることで目を大きく見せることができるのです。

ラメが少なく、なじみのよい

  • ピンク
  • ベージュ

などがおすすめです。

 

カラコン

カラコンは瞳のカラーをコンタクトで変えたり瞳が大きく見えるようにすることで目力を強調して目を大きく見せることができます。自然になじむタイプでも、さりげなく目ヂカラをアピールできるのでおすすめですよ。

 

カラコンは着色部分の直径が12.5mm~14.2mmのものが多く市販されています。

着色直径が広くなればなるほど黒目部分が大きく見えるのですが、瞳の部分が大きすぎてバランスが悪くなると不自然な印象になってしまいますので、注意が必要です。

 

瞳を美しく見せる黄金比率は先ほどもお伝えして通り、1:2:1ですので、自分の瞳バランスに合った直径のものを使う方が高い効果を期待できます。

それ以外にも重要なのは、快適に装着するためにカラコンを選ぶ時には、DIA(レンズの直径)とBC(ベースカーブ)の2点にも注目しましょう。

自分にあったDIAやBCは個人差があります。自分では判断が難しいので眼科で検査を受けておくとつけてから違和感があったといったリスクを減らすことができます。

 

カラコンのカラーについてはさりげなく瞳を強調して目を大きく見せるには自分の瞳の色に近いサークルタイプか、ナチュラルなグラデーションカラーがおすすめです。

 

整形

とにかく目を大きく、目の形そのものを大きくして理想の目に近づきたい!!という人は整形という最終手段もあります。

以前よりも整形に対するイメージは変わりつつありますし手術方法も技術の進歩によって増えてきています。

ただ、費用面やリスクを伴うものなので興味のある人はじっくり考える必要があります。

手術方法によっては数万〜十数万とかなり幅が広く内容によっては目の腫れを伴うものもありますので、しっかりとカウンセリングをしてくれるかや手術経験、アフターフォローなど総合的に情報を整理して自分が納得して、信頼できるかどうか検討しましょう。

 

ただ、もっと簡単に理想の目を手に入れませんか!?

ナイトアボーテの効果や口コミ

今回目が小さい人の特徴、そして目を大きくする方法をご消化しましたが、どれも結構面倒なものばかりなんです。

実際に筆者もこのブログを書くまでにはいろんな方法を試してきて、実際に面倒で、もっと手軽にやる方法ってないのだろうか?と何度もおもったんですよね。

そこでおすすめなのが既に10万個以上の大ヒット商品であるナイトアイボーテ。

夜寝ている間に理想の目が手に入るというアイテムなんです。

まとめ

目が小さい人の特徴 大きい人の特徴 改善方法

いかがでしたでしょうか?

今回は目が大きい人の特徴や目が小さい人の特徴と共に改善方法についてもお伝えしていきました。

様々なアプローチがありますので、まずは自分が始めやすいものから初めていきましょう。最近では整形メイクと呼ばれるようなメイクのビフォーアフターがかなり違う人もいるくらいテクニックが発達しています。

目が大きく見える方法を一つ一つ身につけていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031